WordPress

 リスト項目 li(list item|リスト・アイテム)

項目のリストを表示するタグとして使うのが『リスト項目 li(list item|リスト・アイテム)』です。 箇条書きリスト、番号リストの各項目に使います。

 WordPressで固定ページの子ページにランダムに飛ぶリンクボタン

四択クイズの動きを WordPressの中に組み込みたくて色々考えていた時に見つけたソースを紹介します。

 番号リスト(orderd list|オーダード・リスト)

文章ではなく項目やリストの表示を司るタグはいくつか存在します。その一つがこの『番号リスト(orderd list|オーダード・リスト)』です。例えば、手順の必要な項目や、番号をつけないといけないリストなどが当てはまります。

 箇条書きリスト(unorderd list|アンオーダード・リスト)

文章ではなく項目やリストの表示を司るタグはいくつか存在します。その一つがこの『箇条書きリスト(unorderd list|アンオーダード・リスト)』です。例えば、イベント参加に必要な条件(条件の項目に順番が関係ない事)や、持ち物リストなどが当てはまります。

 ワードプレス(WordPress)で「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。」時の対処方法

WordPress4.9以降から管理画面内で「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。」なるエラーが出るようになりました。このエラーが出るとテーマやプラグインの更新ができなくなります。それでは何かと大変なので、ひとまずこのエラーが出なくなる方法を紹介します。(あくまでもその場しのぎですが。。。)

 段落p(paragraph|パラグラフ)

Webサイトを制作する上で常に使うタグと言っていいタグが、このパラグラフ(paragraph)pタグです。このpタグは文章の一段落部分をマークアップするタグです。日本語で文章の始まりから句点「。」で終わる文章までを一段落としています。そこまでをこのpタグで囲めば良いのです。ただし、必ず一段落を囲むものだ!と厳格に考えなくてもいいかと思います。

 アドセンス(AdSense)広告がずれる|レイアウトが崩れる

GoogleのAdSense広告を自分のサイトやBlogに貼っている方は多いと思います。私もそうです。Webの技術を生業にこのBlogではチップスやソースをメモがわりにしているのですが、以前AdSenseの広告を貼った際、レスポンシブで構築したサイトがスマフォなどで見ると「ずれた」感じになって困りました。その時に調べたことをメモしています。

 WordPressのテーマのサムネイルを編集する方法

WordPressを長年いじっているとテーマを編集したり、オリジナルのテーマを制作したりとカスタマイズしたくなります。オリジナルのテーマを制作したら、サムネイルの編集やイメージ部分の写真を変更してみたくなります。このページではWordPressのテーマ部分の編集とカスタマイズを紹介します。

 WordPressのカテゴリー一覧のリンク内に投稿数を表示させる方法

WordPressのウィジェット内のカテゴリー一覧表示には wp_list_categories を使い表示させます。liのリストタグに各カテゴリーへのリンクが出力されますが、array のカスタマイズで投稿数の表示も可能です。ここにCSSでデザイン変更などをするのですが、liのリスト内ではリンクタグと投稿数の文字が分かれており、オンマウスオーバーの装飾が難しくなります。このリンク内に投稿数も含まれたら大分デザイン処理が楽になるので、ググって調べると下記のようなソースを発見!とても助かりました。念の為、メモしておきます。

 WordPressのmoreタグの「続きを読む」「(さらに…) 」を消す方法

私のBlogではメインページや一覧ページにloopを使い細かくデザインできるように別のphpファイルで制御しています。そのため「more」を使いページの内容を分けて表示させた場合(デザインによってはカスタムフィールドで本文を分けたりします)自動で出てくる本文の「続きを読む」や「(さらに…)」が邪魔になる場合があります。ググればいろいろな消し方がありますが、一番簡単な方法と私が気づいた注意点をメモりました。