:not()|CSSで「〜以外」を指定する擬似クラス

擬似クラス『:not()』は、引数に指定したセレクタ以外の要素を表します。

下記は、p要素以外の要素を指定します。

:not(p) { hogehoge }

下記は、クラス名「box」以外の要素を指定します。

:not(.box) { hogehoge }

下記は、p要素の中でクラス名「box」を持たないものを指定します。

p:not(.box) { hogehoge }

下記は、a要素の中でhref属性を持たないものを指定します。

a:not([href]) { hogehoge }

下記は、a要素の中でリンク先が新規タブで開く以外のものを指定します。

a:not([target="_blank"]) { hogehoge }

下記は、section要素の子要素の中でp要素以外のものを指定します。

section :not(p) { hogehoge }

関連記事